着物にあったバッグの選び方の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > ブログ > 着物の着こなし > 着物にあったバッグの選び方

着物にあったバッグの選び方

2021.02.15

着物にあったバッグの選び方

着物に合わせるバッグというと、持ち手の短い小さなバッグをイメージされるかと思います。

確かに礼装には小さなものが望ましいですが、普段着には和装用以外のバッグも合わせることができます。

ポイントを押さえて、自由に楽しくバッグを選んでみましょう。

 

フォーマルに合わせるバッグ

結婚式などで留袖や訪問着と合わせるバッグは、基本的に草履はセットの礼装用バッグになります。

デザインは金や銀あるいは白を基調としたもので、金糸や銀糸が織り込まれたものになります。

訪問着や付下げなど略礼装において小さなバッグでは不便という場面では、和服用ではない大きめのバッグが選ばれることもあります。

和装用以外のバッグから選ぶ場合は、持ち手が短く着物より目立たないシンプルで上品なもの(無地など)を選ぶと良いでしょう。

色選びに迷った時は草履と合わせることで、統一感のある着こなしができます。

 

カジュアルに合わせるバッグ

普段着の着物に合わせるバッグは基本的に自由です。

むしろカジュアルに典型的な和装用バッグではかえって浮いてしまうこともあります。

カジュアル着物には洋服に合わせるバッグから選んでみても良いかもしれません。

ただし幾つか注意点があります。

・持ち手が短すぎないものを選ぶ
持ち手が長いとどうしても肩にかけてしまい、肩周りにシワを作ってしまいます。

斜めがけバッグは両手があくので便利ですが、荷物が重かったりすると襟にシワが寄りやすく、帯を崩す可能性もあるので気をつけましょう。

また持ち手が短い方が、見た目のバランスもまとまって良いです。

・バッグの形
縦長な着物とのバランスを考慮して、バッグは横長のものを選んだほうがコーディネートしやすくなります。

・バッグの大きさ
バランスをよく決めるのであれば、手に持った時にバッグの本体が膝辺りにくるのがちょうど良いです。

自由に選べるのなら大きなものの方が便利ですが、あまり大きいと見た目のバランスも悪くシワや着崩れの原因にもなります。

よほど荷物が必要な時で以外は適度な大きさを選ぶのが良いです。

・装飾やロゴなどが目立たないシンプルなもの
改まった場に着て行く時に上品にまとめたい場合は、バッグが着物より目立ってしまうとややマイナスです。

シンプルで上質な素材のものは使い勝手も良いので一つ持っておくと便利です。

・バッグの色
統一感を重視するなら、草履の色と合わせると上手くまとまります。

着物は全身が同じ色となるので、上級者はバッグをアクセントとして使ったりするようです。

 



高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️

 
関連ブログ
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ