本袋仕立て(ほんぶくろじたて)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > > 袋帯 > 本袋仕立て(ほんぶくろじたて)

本袋仕立て(ほんぶくろじたて)

本袋仕立て(ほんぶくろじたて)

表と裏の生地が一枚の帯地で袋状に織られ仕立て上げられた帯です。

礼装用の袋帯は、帯の中でも高値になることが多いようです。

買取の中心価格は7,000~8,000円ほどで、有名作家のデザインや染めの帯のものであれば50,000円以上の値が付くこともあります。

売りたい袋帯があれば、シミやヤケなどが無いよう大切に保管しましょう。

保管状態により買取価格は大きく左右されます。

一般的には表と裏の生地が分かれた縫い袋帯が袋帯として普及しており、本袋帯は製造に長い時間がかかることや帯を袋状に折るために高い技術が必要なため最近では見かけることが少なくなっています。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ