付下げの買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 付下げ

付下げ

付下げ
付け下げとはシンプルに言うと、柄の付け方です。

その付け下げには、
・付下げ訪問着
・付下げ小紋
の2種類があり、この2つの違いを理解するには、合口を知るのが一番良いです。

合口とは、縫い目にかかって柄が続いている部分のことで、合口の数が多いほど裾全体を一枚の絵画として描くことができ、贅沢な絵羽(えば)柄の着物になります。

付下げの種類

付下げ小紋

付下げ小紋
付け下げの種類の中に、付下げ小紋(つけさげこもん)と呼ばれるものがあります。

買取価格の相場は6,000円程度で、残念ながら通常の付下げよりも買取価格が低くなってしまいます。

なので着物の価値がわかる買取業者で査定をしてもらってからの売却をおすすめします。

付下げ小紋とは、仕立て上がったときに小さい模様が、袖や裾、胸元に来るように染められた付下げです。

付下げ小紋の着物としての格は「小紋」という扱いになりますので、普段のおしゃれ着として着用します。

買取の際、リサイクルショップに持ち込むと、500円程度で買い叩かれてしまいますのでご注意ください。

付下げ訪問着

付下げ訪問着
付下げは反物の状態で柄を染めてから仕立てに移るので、通常の訪問着に比べるとお求めやすい価格の着物です。

そのため買取に出す場合は、少しでも高価買取をしてもらえる買取専門店を探すことが必須です。

訪問着よりお求めやすいと言っても、染めの時点で緻密な計算が必要な大柄のもの、使用している反物が上質なものは価値が上がり、買い取り価格も高くなります。

伝統工芸品や有名作家が作った着物の場合、証紙や証明書が揃えばさらなる高額買取も期待できるので、なかなかあなどれない着物です。
高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ