着物買取相場の一覧表!着物の種類や普段使いも解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!

着物を着ることで女性らしく美しくなる

着物を着ることで女性らしく美しくなる

誰しも必ず着物に興味をもったことがあるはず!私は宇治に訪れた際、お抹茶と着物に心を奪われ、日本人である楽しみをみつけた気がしました。大人になって気づく日本の良さ。それと同時に女性らしい仕草やたしなみを身につけさせてくれる着物の素晴らしさを知り、もっと様々なシーンで楽しみたいという思いから、いろいろと調べているうちに着物サイトを作ろうと思いました。
まだまだ知らないこともたくさんありますが、好きこそ物の上手なれ。このサイトをきっかけに、奥深い着物の世界を勉強していけたら良いなと思っています。

着物の魅力

四季のうつろいを着物で感じることができる

切手の中には、1,梅や桜、もみじに雪化粧。着物の柄は季節を彩る美しいものが多いですよね。 普段、なにげなく着ているお洋服より、着物をまとうことで、より季節を感じる機会が増えることが最大の魅力と感じます。また、長く着られることを前提に作られた着物は、時代を経て、様々な人の手にわたっても、いつまでも美し纏うことができます。

着ない着物は売って、新しい命を与えてください

着物の写真

最近では、自分のスタイルにあわせて、楽しく着物を着る人たちが増えています。着物といえば正装や形式にとらわれたものといったイメージがありますが、私は気軽にリサイクルショップに足を運び、普段着を買う感覚で着物を手にすることもあります。
着物を着て街歩きをするサークルや集まりもあり、着物を着ることで茶道やお華を始める人達も多いようです。
もう着ないかなと思った着物は、リサイクルショップや買取業者に依頼することで他の人の手に渡り、そこからまた長く愛用される可能性があります。使わない着物は捨ててしまわず、売ることをおすすめします。私も新しい着物たちと出合えることが楽しみでしかたありません。

着物情報を追加しました

小千谷縮(おじやちぢみ)

小千谷縮(おじやちぢみ) 相場価格10,000~49,999円
希少価値★★★☆☆
素 材木綿

新潟県小千谷市周辺で生産されている縮の織物で、17世紀に堀将俊によって越後麻布を改良したことにより生まれました。

夏用着物や浴衣でも伝統工芸品のものは相応の値がつくでしょう。

小千谷縮の買取相場価格は、状態の良いもので約20,000円以上で、高級品として業界内で比べても高額の相場で取引されています。

買取してもらう場合はなるべく美品の状態が望まれますので、状態をチェックしておきましょう。

「しぼ」という小さな皺が作られた布を最終的に雪の上に晒して漂白する工程は、この地域でこそ発展できた技法といえるでしょう。

国の重要無形文化財・ユネスコ無形文化遺産にも指定されています。

能登上布(のとじょうふ)

能登上布(のとじょうふ) 相場価格50,000~99,999円
希少価値★★★☆☆
素 材上布

石川県の中能登一帯で古くから生産される麻の織物です。

時代によって「安部屋布」「徳丸縮」など違う呼称で普及し、明治以降は能登上布として世に広まっています。

専門的知識のあるスタッフのいる着物買取業者に夏用着物や浴衣を売ることをお勧めします。

能登上布は現在は織元が1つしかなく、手織り作業で1つ1つ丁寧に作っているため市場に出回る数が少ないこともあり、買取相場は50,000円前後となっています。

着物の産地と価値を理解してくれる業者であれば買取額のアップも期待できます。

能登上布はとても薄く軽い素材で麻の丈夫さとシャリ感があるので、主に盛夏の着物の生地として使われます。

長田宮博(ながたみやひろ)

大島紬の本場奄美大島で、染めが難しい黒の地糸染めを数年続けている染め職人です。

長田氏が染める地糸は評判がよく染色の行程にこだわりがあります。

染め上げた糸を綺麗な川の水で洗い、地糸を数回叩き付け付着した細かい泥やごみなどを奇麗にする作業を行っています。

大変な手間をかけることで糸をしなやかに強くより良い物に仕上げています。

着物好きの方が憧れる、現代感覚にマッチ&技術的に難しい華やかな印象の「龍郷柄」や、女性物の最高位と呼ばれる、全体的に落ち着いた雰囲気に十文字が入ったお洒落な「秋名バラ柄」は有名です。

男性物の最高位は西郷隆盛の名を冠し、製作工程で最高の技術が必要とされる「西郷柄」です。

百年以上が経っても色褪せない格調と完成された素晴らしい作品です。

本場大島紬の着物を高く買取ってもらうならば、本場大島紬を認定する印が付いた証紙は無くさず保管しておきたいところです。

玖珂縮(くがちぢみ)

玖珂縮(くがちぢみ) 相場価格100,000~490,000円
希少価値★★★☆☆
素 材木綿

高価買取毎日限定100名限定!買取価格25%アップ実施中!!

山口県岩国地方で生産されていた綿縮の一種。

江戸時代中期に富山秀意が丹後縮緬の製法を木綿に応用して作り出したことが始まりとされています。

玖珂縮を高く売りたいなら出来るだけ買った当時の状態を保つことや、化粧箱やケースの状態も買取額に影響する場合もありますので、付属品の保管にも気を付けたいところです。

伝統工芸品としての希少価値や芸術的価値も重なり、数十万円で売れることもあります。

かつては岩国縮の名で知られており、明治以後も地域の産業として盛んで、現在も再び玖珂縮の名で再興がなされています。

特徴的な縞模様が主に夏着として利用される綿縮の魅力をいっそう引き立てます。

小袋帯(こぶくろおび)

小袋帯(こぶくろおび) 相場価格1,000~9999円
希少価値★☆☆☆☆
素 材化繊

半幅帯の種類で通常の帯地を半分にして仕立てた物です。

本袋仕立ての物と縫い袋仕立ての物があります。

帯にも着物と同様に素材や種類が数多くありそれぞれに価値が違ってきます。

帯を買取してもらう場合に判断が難しいようであれば査定してもらうのが良いでしょう。

浴衣の帯から着物の帯まで幅広く使われますが、着物の場合カジュアルな着こなしをする場合に使用されます。

着付けになれていない人にも結びやすく個性的な帯結びに仕立てることもできます。

着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ