着物買取相場の一覧表!着物の種類や普段使いも解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!

着物を着ることで女性らしく美しくなる

着物を着ることで女性らしく美しくなる

誰しも必ず着物に興味をもったことがあるはず!私は宇治に訪れた際、お抹茶と着物に心を奪われ、日本人である楽しみをみつけた気がしました。大人になって気づく日本の良さ。それと同時に女性らしい仕草やたしなみを身につけさせてくれる着物の素晴らしさを知り、もっと様々なシーンで楽しみたいという思いから、いろいろと調べているうちに着物サイトを作ろうと思いました。
まだまだ知らないこともたくさんありますが、好きこそ物の上手なれ。このサイトをきっかけに、奥深い着物の世界を勉強していけたら良いなと思っています。

着物の魅力

四季のうつろいを着物で感じることができる

切手の中には、1,梅や桜、もみじに雪化粧。着物の柄は季節を彩る美しいものが多いですよね。 普段、なにげなく着ているお洋服より、着物をまとうことで、より季節を感じる機会が増えることが最大の魅力と感じます。また、長く着られることを前提に作られた着物は、時代を経て、様々な人の手にわたっても、いつまでも美し纏うことができます。

着ない着物は売って、新しい命を与えてください

着物の写真

最近では、自分のスタイルにあわせて、楽しく着物を着る人たちが増えています。着物といえば正装や形式にとらわれたものといったイメージがありますが、私は気軽にリサイクルショップに足を運び、普段着を買う感覚で着物を手にすることもあります。
着物を着て街歩きをするサークルや集まりもあり、着物を着ることで茶道やお華を始める人達も多いようです。
もう着ないかなと思った着物は、リサイクルショップや買取業者に依頼することで他の人の手に渡り、そこからまた長く愛用される可能性があります。使わない着物は捨ててしまわず、売ることをおすすめします。私も新しい着物たちと出合えることが楽しみでしかたありません。

着物情報を追加しました

ふくら雀(ふくらすずめ)

ふくら雀(ふくらすずめ) 相場価格
希少価値
素 材
ふくら雀は、「福良雀」とも書かれ、縁起がよいため、振袖や訪問着に合わせる袋帯の結び方として愛用されています。

袋帯は製法により色々な種類があり買取価格もさまざま。

買取を検討される場合は、着物の買取専門の業者にご相談ください。

太鼓結びの一種であるふくら雀は、冬の寒さをしのぐために、羽毛の間に空気を入れてふくらんだ雀が翼を広げた姿を模して作られた、とてもかわいらしい結び方です。

成人式や、お見合い、結納のときなどに、若い女性から選ばれることの多い帯結びで、例えば、皇室の雅子様、紀子様も、結納の際に結んでいたことで知られています。

身長の高い、低いにかかわらず、誰にでも愛らしい雰囲気を与えてくれる結び方ですので、ぜひ、ここぞというときに活用されてみてください。

宮古上布(みやこじょうふ)

麻織物である宮古上布の糸は細く、特徴は絣(かすり)模様が極めて細かいところです。

織り上げた布はロウを引いたように滑らかで、通気性が高く、三代物と呼ばれるほど頑丈で長く着れる沖縄着物として有名です。

宮古上布の作成には、苧麻(ちょま)という種類の麻をとり、表皮から繊維を取り出します。

そこから、糸を紡(つむ)ぎ、糸車で撚(よ)りをかけます。

そして、染めは琉球藍で行い、2~3カ月という時間を費やし織り上げるといった手間がかかる作業工程を経て完成します。

作家物の宮古上布で状態も良好であれば、8万円以上の高値で買取されることもあります。

伊予絣(いよかすり)

伊予絣(いよかすり) 相場価格1,000~9999円10,000~49,999円
希少価値★★☆☆☆
素 材木綿

伊予絣は、深い藍色と落ち着いた配色が特徴で、使用するほどなじみ、味わいがでてきます。

伊予絣は昭和55年に、県の伝統的特産品として指定されました。

・柔らかさ
・吸収性
・通気性

があり、藍で染める布地は何度も洗濯しても強いという特徴もあります。

藍特有の香りは防虫にもなり、虫喰いも防ぐので、昔から作業着として重宝されてきました。

「井桁(いげた)」「十字」、お城や椿など地域色のある「絵絣」など、高い技術で作りこまれた絵模様など独特の柄が出せることも特徴として挙げられます。

買取価格は人間国宝や伝統工芸品は高値で売買され、証紙があるとさらに買取価格が上がります

伊那紬(いなつむぎ)

伊那紬(いなつむぎ) 相場価格10,000~49,999円
希少価値★★☆☆☆
素 材

長野県天竜川流域の伊那谷で作られている織物です。

伊那谷の良質な生糸、通常の繭より大きい「玉繭(たままゆ)」からとれる玉糸や真綿から手で紡がれ紬糸など、多彩な素材を組み合わせて手織によって作られています。

こだわりの染糸で織られる柔らかく落ち着いた風合いの着物が、伊那紬の魅力と言えます。

買取価格は状態の良い良品で約10,000円以上となり、さらに新品であれば高価買取が狙えると言えます。

現在は駒ヶ根市にある久保田織染工業さんで飲み生産されており、伊那紬自体が希少なものとなりつつあります。

久留米絣(くるめかすり)

福岡県南部の筑後地方で製造されている絣を久留米絣と呼び、伊予絣、備後絣などのともに日本三大絣の一つとされています。

織幅が1尺(約38㎝)の織物で、括り(くくり)と呼ばれる技法が用いられています。

*括り(くくり)

あらかじめ染め分けた糸(絣糸)を用いて製織して文様

生産される大半の久留米絣は着尺(きじゃく)の綿織物です。
*着尺

着物の反物。反物とは大人用の和服、羽織の一着分を仕立てるのに必要になる布地。
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ