着物買取相場の一覧表!着物の種類や普段使いも解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!

着物を着ることで女性らしく美しくなる

着物を着ることで女性らしく美しくなる

誰しも必ず着物に興味をもったことがあるはず!私は宇治に訪れた際、お抹茶と着物に心を奪われ、日本人である楽しみをみつけた気がしました。大人になって気づく日本の良さ。それと同時に女性らしい仕草やたしなみを身につけさせてくれる着物の素晴らしさを知り、もっと様々なシーンで楽しみたいという思いから、いろいろと調べているうちに着物サイトを作ろうと思いました。
まだまだ知らないこともたくさんありますが、好きこそ物の上手なれ。このサイトをきっかけに、奥深い着物の世界を勉強していけたら良いなと思っています。

着物の魅力

四季のうつろいを着物で感じることができる

切手の中には、1,梅や桜、もみじに雪化粧。着物の柄は季節を彩る美しいものが多いですよね。 普段、なにげなく着ているお洋服より、着物をまとうことで、より季節を感じる機会が増えることが最大の魅力と感じます。また、長く着られることを前提に作られた着物は、時代を経て、様々な人の手にわたっても、いつまでも美し纏うことができます。

着ない着物は売って、新しい命を与えてください

着物の写真

最近では、自分のスタイルにあわせて、楽しく着物を着る人たちが増えています。着物といえば正装や形式にとらわれたものといったイメージがありますが、私は気軽にリサイクルショップに足を運び、普段着を買う感覚で着物を手にすることもあります。
着物を着て街歩きをするサークルや集まりもあり、着物を着ることで茶道やお華を始める人達も多いようです。
もう着ないかなと思った着物は、リサイクルショップや買取業者に依頼することで他の人の手に渡り、そこからまた長く愛用される可能性があります。使わない着物は捨ててしまわず、売ることをおすすめします。私も新しい着物たちと出合えることが楽しみでしかたありません。

着物情報を追加しました

宮古上布(みやこじょうふ)

麻織物である宮古上布の糸は細く、特徴は絣(かすり)模様が極めて細かいところです。

織り上げた布はロウを引いたように滑らかで、通気性が高く、三代物と呼ばれるほど頑丈で長く着れる沖縄着物として有名です。

宮古上布の作成には、苧麻(ちょま)という種類の麻をとり、表皮から繊維を取り出します。

そこから、糸を紡(つむ)ぎ、糸車で撚(よ)りをかけます。

そして、染めは琉球藍で行い、2~3カ月という時間を費やし織り上げるといった手間がかかる作業工程を経て完成します。

作家物の宮古上布で状態も良好であれば、8万円以上の高値で買取されることもあります。

伊予絣(いよかすり)

伊予絣(いよかすり) 相場価格1,000~9999円10,000~49,999円
希少価値★★☆☆☆
素 材木綿

伊予絣は、深い藍色と落ち着いた配色が特徴で、使用するほどなじみ、味わいがでてきます。

伊予絣は昭和55年に、県の伝統的特産品として指定されました。

・柔らかさ
・吸収性
・通気性

があり、藍で染める布地は何度も洗濯しても強いという特徴もあります。

藍特有の香りは防虫にもなり、虫喰いも防ぐので、昔から作業着として重宝されてきました。

「井桁(いげた)」「十字」、お城や椿など地域色のある「絵絣」など、高い技術で作りこまれた絵模様など独特の柄が出せることも特徴として挙げられます。

買取価格は人間国宝や伝統工芸品は高値で売買され、証紙があるとさらに買取価格が上がります

久留米絣(くるめかすり)

福岡県南部の筑後地方で製造されている絣を久留米絣と呼び、伊予絣、備後絣などのともに日本三大絣の一つとされています。

織幅が1尺(約38㎝)の織物で、括り(くくり)と呼ばれる技法が用いられています。

*括り(くくり)

あらかじめ染め分けた糸(絣糸)を用いて製織して文様

生産される大半の久留米絣は着尺(きじゃく)の綿織物です。
*着尺

着物の反物。反物とは大人用の和服、羽織の一着分を仕立てるのに必要になる布地。

綿芭蕉(めんばしょう)

綿芭蕉(めんばしょう) 相場価格1,000~9999円10,000~49,999円
希少価値★★★☆☆
素 材木綿その他

しなやかで涼しげな印象の自然布で、この風合いを木綿で表現したものを『綿芭蕉(めんばしょう)』と呼びます。

呉服屋『竺仙(ちくせん)』が開発したこの生地は非常に清涼感のある着心地で、高級ながらも非常に人気の浴衣地です。

芭蕉布は重要無形文化財に指定されており、価値の高い絹織としても有名で、繊維は堅く丈夫で軽くて風通しが良いのが特徴です。

さらりとした肌触りが心地よい生地で、その涼しさと肌当たりの良さは夏の浴衣にぴったりです。

材料の糸芭蕉は、苧麻(からむし)とともに自生していたという説と、中世に交易で南方から移植されたという説がありますが、どちらか定かではありません。

どちらにせよ歴史は古く、13世紀頃から始まり、江戸期には庶民の衣生活になくてはならないものとして普及していました。
 
戦前までは、沖縄全島で芭蕉布の生産され、

・首里
・喜如嘉
・今帰仁

は三大産地といわれていました。

しかし、戦後急に衰え、今ではかつて上物の産地だった喜如嘉の村だけが、その伝統を受け継いでいます。

ご不用になった浴衣の買取をお考えの場合、まずは着物買取の専門店に査定を依頼されることをお勧めいたします。

コーマ(こーま)

コーマ(こーま) 相場価格1~999円1,000~9999円
希少価値★☆☆☆☆
素 材木綿

浴衣に広く使われているコーマ地。

高度に精錬された木綿糸(コーマ糸) を用いて織った浴衣地のことを言い、綿糸で織られた『綿コーマ』と言うものも存在します。

綿コーマの浴衣は、丈夫な木綿のコーマ糸を使った平織りの生地で、質感的には「手ぬぐい」が近いです。 

白地のコーマはスケやすいので、日中着としては不向きで、コーマ地がシワになりやすいため、 着こなすのが難しい「高度な浴衣」と言えるでしょう。

今はコーマ地の浴衣の色も増えていますので、、湯上りに着る浴衣というよりは、洋服のような感覚です。

ご不用になった浴衣の買取をお考えの場合、まずは着物買取の専門店に査定を依頼されることをお勧めいたします。

手頃な価格のものは、洗うとハリがなくなることもあるので、上等な素材を選んだほうが長く来ることができます。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ