東京友禅(とうきょうゆうぜん)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > ブログ > 東京友禅(とうきょうゆうぜん)

東京友禅(とうきょうゆうぜん)

東京友禅
2018.04.26

東京友禅は、

・釣り船
・千鳥
・葦などの

風景模様を得意とし、現代的な表現を使い、落ち着いた柄や渋い色合いが特徴的です。

東京友禅は、「江戸友禅」と呼ばれ、江戸時代中期に始まったとされます。

参勤交代で大名が江戸にやってきたので、大名お抱えの染師が京都から江戸の神田川や隅田川の水域に住み、友禅染を広めていきました。

元々、京友禅と同様に分業制だったのが、第二次大戦で東京が壊滅的な状況になったため、分業制が成り立たなくなり、一人の作家さんがほとんど全ての作業をこなすようになり、現在に至ります。



高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️

着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ