自分に似合う振袖を「柄」で選ぶの買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 振袖 > 自分に似合う振袖を「柄」で選ぶ

自分に似合う振袖を「柄」で選ぶ

自分に似合う振袖を「柄」で選ぶ

振袖を選ぶ時、たくさんの魅力的な柄の中からひとつを選ぶのは悩みますよね。

振袖は高い買物になりますので、自分に合う素敵な振袖を選びたいものです。

残念ながら、買取市場での価値はあまり高くはありませんが、仕立てや作家等により高額買取をしてもらえる場合もありますので、購入時には頭の片隅に覚えておかれると良いかもしれません。

振袖の柄は、おおまかに言えば、柄が大胆で大きい物、繊細で細かな物、そして、柄が着物の下側に集中している物、全体に入っている物があります。

一般的に背の高い方は、柄は大きめで全体に入っている物を選ぶと良いとされています。細かい柄であれば地色の分量が多くなり、さみしいイメージになりがちです。

逆に背の低い方は、色が淡く細かい柄の物が似合います。

背の低い方が大きい柄の物を選ぶと、仕立てや着方によっては、柄が中途半端な位置になることがありますので、お店の方によく確認されたほうが良いでしょう。

これらのポイントを押さえつつ、桜やバラ、蝶や鳥など、着物の柄に込められた意味を考えて、自分の好みの振袖を選んでみてください。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
 
関連ブログ
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ