一越(ひとこし)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 色無地 > 紋なし > 一越(ひとこし)

一越(ひとこし)

一越(ひとこし)

一越(ひとこし) 相場価格1,000~9999円10,000~49,999円
希少価値★☆☆☆☆
素 材

「一越(ひとこし)ちりめん」とは右撚り糸と左撚り糸を一本ずつ交互に織り上げたもので、シボが細かく光沢がある点が特徴です。

他にも薄手で、しっかりした地風で表面がなめらかなのも特徴です。

織物は経糸と緯糸を交差させて織り上げるものですが、緯糸を数える際の単位のことを「越(こし)」と呼びます。

縮緬のなかでも高級品として明治以降に開発されたもので、京都の丹後や滋賀の長浜などが有名な産地です。

またちりめんに使われる糸には右撚りと左撚りの二種類が存在し、この二種の糸を何越おきに使うかでちりめん生地自体の名称も変わってきます。

丹後ちりめんを代表とするようにメジャーな絹織物で、小紋から留め袖まで様々な格式の着物に使用され、その価値も実に様々。

買取価格の相場は、状態が良ければ約3,000~6,000円、新品の高級品でも約10,000円ほどで取引されているようです。

着物の買取市場での相場は生地そのものより染め方や染織家のネームバリューで買取価格が決まります。

目利きのできる鑑定士に依頼して、調べてもらうと良いでしょう。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ