綸子(りんず)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 色無地 > 地紋 > 綸子(りんず)

綸子(りんず)

綸子(りんず)

生糸(撚っていない糸)で織り上げた絹織物のことを綸子と言います。

綸子のような染め着物はコストや手間がかかり、織り着物よりも格が高いとされています。

買取価格の相場は500円~50,000円前後ですが、未使用のものや使用回数の少ない色無地ですと高く買い取ってもらえます。

但し、同じ綸子でもランクがあり、買取査定でかなり安く評価されることもありますので、日頃の保管で良い状態を維持しておくことも大事です。

柔らかく滑らか・そして艶があるのが特徴で、その華やかな質感を活かして訪問着や長襦袢などによく使われます。

綸子の長襦袢は古着屋などでもよく目にすることから、若い方にも馴染み深いかもしれません。

帯揚げ・半衿などにも使われるの材質です。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
 
関連ブログ
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ