太鼓結び(たいこむすび)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > > 太鼓結び(たいこむすび)

太鼓結び(たいこむすび)

太鼓結び(たいこむすび)

太鼓結び(たいこむすび) 相場価格
希少価値
素 材
太鼓結びは初心者でも手軽に結べる、もっとも基本的な結び方です。

単に太鼓結びというときは、一重太鼓という結び方をさし、主に名古屋帯で結びます。

名古屋帯には多くの伝統工芸品が存在し、高額の買取価格が付くこともしばしば。

大正時代に太鼓結び用として考案された帯で、巻いたとき、背中のお太鼓部分の中心に絵がくるよう作られています。

この太鼓結びの原型ができたのは、意外にも最近のことで、1813年に亀戸の太鼓橋が完成した際、お祝いで芸者衆が結んだ帯にあるそうです。

この結び方は型崩れしにくかったため人気となり、明治時代以降、一般にも広く普及するようになりました。

礼装から普段着まで、幅広く用いることができる便利なものです。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ