二重太鼓(にじゅうたいこ)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > > 二重太鼓(にじゅうたいこ)

二重太鼓(にじゅうたいこ)

二重太鼓(にじゅうたいこ)

二重太鼓(にじゅうたいこ) 相場価格
希少価値
素 材
太鼓結びには一重と二重の2種類があります。

うしろのお太鼓部分が二重になっているものが二重太鼓と呼ばれ、豪華な丸帯や袋帯を結ぶ際に用いられます。

帯には製法や素材によってその価値は変わりますので、お売りになる際は着物の買取専門の業者にご相談ください。

二重太鼓は一重太鼓よりも格が高く、留袖や訪問着などに合わせる結び方です。

「よいことが重なるように」という縁起を込めて、慶事に参加する際の礼装用の帯結びとして、幅広く愛用されています。

もっともオーソドックスな結び方の一つではありますが、お太鼓の位置や大きさ、帯枕の厚さを変えることで、様々な表情を見せてくれる結び方ですから、好みや出かける場所によって、いろいろと工夫のできる結び方でもあります。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ