文庫結び(ぶんこむすび)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > > 文庫結び(ぶんこむすび)

文庫結び(ぶんこむすび)

文庫結び(ぶんこむすび)

文庫結び(ぶんこむすび) 相場価格
希少価値
素 材
文庫結びとは、浴衣の帯結びとしてよく見られる、リボンのような可愛らしい帯の結び方です。

浴衣に合わせる半幅帯には伝統工芸品や有名作家のもの等、高価買取が期待できるものもあります。

鑑定士が在籍する着物専門店での査定が望ましいでしょう。

「お文庫」とも呼ばれる文庫結びは、江戸時代に武家の女性が結んでいた基本の帯結びで、格調の高い結び方とされていたため、浴衣だけではなく、成人式や結婚式などのフォーマルなシーンに結ぶことも可能です。

結ぶ帯の種類が限定されないため、コンサートやお買い物など、カジュアルなシーンでも手軽に結ぶことができ、バリエーションが大変に豊富なのも魅力の一つです。

帯の巻き方は、右から左に巻く関東風と、左から右に巻く関西風があり、リボンを長くすると若い女性向けとなります。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ