着物の羽織ものの買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > ブログ > 着物の着こなし > 着物の羽織もの

着物の羽織もの

2021.03.24

着物の羽織もの

肌寒い季節になると着物にも羽織るものが欲しくなります。

着物の羽織は防寒着としての役割の他に、オシャレ着として着用したり着物をホコリや汚れから防ぐ役目もあります。

着物の羽織は和風のものだけでなく、洋装のポンチョやショールも合わせられるんですよ。

着用する着物や着るシーン、その日の気温に合ったものから自分のお好みのものを是非探してみてください。

羽織

和装で最も一般的なアウターです。

季節に合せ仕立ての違いがあり袷の羽織は秋頃から春頃までの肌寒い季節に、単衣の羽織は季節の変わり目に、薄物の羽織は夏の暑い時期に着るのがおすすめです。

室内外で着ることができますが茶席での着用は避けましょう。

丈の長さも短いものからひざ下までの長さの長羽織などがあります。

現代はやや長めのものが人気があるようです。

羽織は基本的に正装ではありませんが、訪問着や色無地などに紋付きの羽織を着用すると略礼装となります。

道行(みちゆき)

無地の物は結婚式や披露宴などの礼装用として着られ小紋柄や絵羽模様は外出着に、日常着は紬などのカジュアル向きの生地を合わせましょう。

衿が四角く開いたものが一般的な道行衿で衿の型や丈の長さを個性に合わせ仕立てることもできます。

道中着(どうちゅうぎ)

着物のように衿を重ね合わせて着用し飾り紐などで結ぶ和装用のコートです。

道行に比べてカジュアルな装いで手軽なオシャレ着として楽しめます。

無地の物であれば略礼装として着用することもできます。

道行や道中着などの外出着は室内に入る前に脱いでおくと良いでしょう。

雨コート

防水性が高い素材が使われていて、雨の日の外出には欠かせません。

一部式の雨コートは濡れないように着物丈より少し長めに調整する必要があります。

上下が分かれた二部式のものは丈の長さを自由に調整できるので気軽に使用できます。

 

ショール

ショール普段着にも使えるショールを着物にも合わせることができます。

カジュアルであれば素材は自由ですが、パーティーなどで略礼装に合わせるならベルベット素材が華やかでオススメです。

 

 

ケープ・ポンチョ

カジュアルな装いはケープやポンチョでかわいらしく演出できます。

カジュアルな防寒着として最適です。

 

和装用コート

素材が洋装のコートのようですが、着物に合わせて袖や襟まわり、背中周りなどがゆったりと作られています。

丈が長いので特に寒い日に向きます。

 



高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️

 
関連ブログ
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ