柄の意味を知るの買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 柄の意味を知る

柄の意味を知る

着物には様々な柄があります。 その柄にはそれぞれ意味があり、着物を着るシーンも違ってきます。 また、人気の柄によっては高価買取をしてもらえるものもあります。 そのような着物の柄をご紹介します。

女紋(おんなもん)

女紋というと一般的に、既婚女性が婚家とは別の紋を使用することを・・・

詳細はこちら

色留袖 三つ紋(みつもん)

三つ紋の色留袖は準礼装という扱いにあります。紋付の着物は無紋・・・

詳細はこちら

三つ紋(みつもん)

着物に紋が入る場合、その数によって着物の格も決まります。紋付・・・

詳細はこちら

万寿菊の柄(まんじゅぎくのがら)

丸々とデザインされた菊の花は、万寿菊の柄とも呼ばれます。 基本・・・

詳細はこちら

貝合わせの柄(かいあわせのがら)

平安時代から伝わる貴族の遊び「貝合わせ」を題材とした図柄です。・・・

詳細はこちら

色留袖 五つ紋(いつつもん)

比翼仕立てをした色留袖の五つ紋は礼装の中でも最高位となり、五・・・

詳細はこちら

五つ紋(いつつもん)

着物に入れる紋の数は五つ、三つ、一つの三種類と決まっており、・・・

詳細はこちら

色留袖 一つ紋(ひとつもん)

一つ紋の色留袖は一般的には略礼装という扱いになります。紋の入・・・

詳細はこちら

一つ紋(ひとつもん)

背縫い部分に一つだけ紋を入れた着物を一つ紋といい、略礼装とし・・・

詳細はこちら

貼り紋(はりもん)

あらかじめ染めてある紋を着物や和装小物に縫い付けたり、貼り付・・・

詳細はこちら

花の丸(はなのまる)

一株にまとめた草花などを円形に図案化した模様を花の丸、花丸文な・・・

詳細はこちら

五三の桐(ごさんのきり)

桐の葉や花を図案化したものを桐紋、桐花紋といい、豊臣秀吉の家・・・

詳細はこちら

全通柄(ぜんつうがら)

帯の全体に模様が描かれており、通し模様などとも呼ばれます。 結・・・

詳細はこちら

若松(わかまつ)

常緑樹である松は、古来より長寿や繁栄を表す縁起の良い柄として・・・

詳細はこちら

梅(うめ)

日本では古来より「松竹梅」として数えられ、縁起の良い花として・・・

詳細はこちら

鶴丸(つるまる)

鶴を家紋のように円形にデフォルメしたのが鶴丸模様です。鶴は長・・・

詳細はこちら

龍郷(たつごう)

龍郷は、秋名バラとともに生産数が減少しているため、希少価値の高・・・

詳細はこちら

桜(さくら)

桜はその鮮やかさと儚さより、昔から日本人に愛されてきた花です・・・

詳細はこちら

西郷柄(さいごうがら)

西郷柄は大島紬の柄の一つで、格子模様にさらに細かな絣が織り込む・・・

詳細はこちら

流水(りゅうすい)

着物に描かれた花や動物をより鮮やかに引き立てる効果があります・・・

詳細はこちら

六通柄(ろくつうがら)

全体の六割ほどに柄が描かれている物です。 帯の買取も着物と同じ・・・

詳細はこちら

お太鼓柄(おたいこがら)

お太鼓結びをしたときに、お太鼓の部分と銅の部分に柄がくるように・・・

詳細はこちら

檜扇(ひおうぎ)

檜扇とは宮中で使われた扇で、ヒノキの薄板を重ねて作られたもの・・・

詳細はこちら

牡丹(ぼたん)

中国では「百花の王」と称され、富貴の象徴でもある牡丹の花は、・・・

詳細はこちら

秋名バラ(あきなばら)

秋名バラの「秋名」は奄美大島の東シナ海に面した地区。「バラ」は・・・

詳細はこちら

有職文様(ゆうそくもんよう)

雛人形が着る着物や十二単でお馴染みの有職文様は、中国から伝来し・・・

詳細はこちら

矢鱈縞(やたらじま)

縞柄の一種で、筋幅や色味が不規則なものの事を『矢鱈縞』と言いま・・・

詳細はこちら

縞柄(しまがら)

着物の中では非常にスタンダードな柄である縞柄。西洋風に言うと「・・・

詳細はこちら

格子縞(こうしじま)

縞模様を縦横に交差した模様で、いわゆる「チェック柄」です。格子・・・

詳細はこちら

吉祥文様(きっしょうもんよう)

婚礼衣装や振り袖・留め袖など、いわゆる晴れ着に用いられる柄『吉・・・

詳細はこちら

高価買取買取価格25%アップ実施中!!毎日100名様限定!
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ