縞柄(しまがら)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 柄の意味を知る > 縞柄(しまがら)

縞柄(しまがら)

縞柄(しまがら)

縞柄(しまがら) 相場価格1,000~9999円10,000~49,999円50,000~99,999円
希少価値★★☆☆☆
素 材木綿

着物の中では非常にスタンダードな柄である縞柄。

西洋風に言うと「ストライプ」ですね。

縞柄は、縞や縞模様とも呼ばれ、2色以上の違った色か同色の濃淡を使用して複数の平行または交差する線で構成された文様の総称です。

特に交差する色柄は格子と呼ばれ、縞模様は平行の模様の縦縞や横縞と、交差する模様の格子縞に大きく分けられます

種類によっては侮れない価値のものもありますので、着物の売却をお考えの方は買取査定に出してみると驚きの高値が…と言うこともあるかもしれません。

縞柄は、布に直接模様を染め入れる方法だけでなく糸の織り方で表現する技法もあり、シンプルながらも作り手の個性が楽しめる模様です。

縞柄の模様と言うと街着や浴衣など普段使いの着物を想像する方が多いかもしれませんが、縞大島(大島紬の一種)や石田縞もストライプの仲間と言えます。

実は着物の縞模様には種類が数多くあります。

・極毛万
・毛万
・三筋立
・一・三筋
・均通し(金通し)
・子持ち縞
・二・三・四筋
・薩摩縞
・滝縞
・よろけ縞.
・竹縞
・変わり養老筋
・竹縞分銅繋ぎ
・木賊(とくさ)縞
・柳縞
・よろけ柳縞
・刺子縞
・矢鱈縞
・鎖縞
・縄目縞
・茣蓙目縞
・手綱
・鎖縞
・縄目縞
・茣蓙(ござ)目縞
・手綱
・霞縞
・霰のよろけ縞
・輪繋ぎ
・蝶縞
・小矢羽根
・矢絣
・矢絣
高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ