格子縞(こうしじま)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 柄の意味を知る > 格子縞(こうしじま)

格子縞(こうしじま)

格子縞(こうしじま)

格子縞(こうしじま) 相場価格1,000~9999円10,000~49,999円50,000~99,999円
希少価値★★☆☆☆
素 材木綿

格子とは縞柄の名称です。

建具の格子のように、竪縞と横縞とが一定間隔で直角に交差している縞模様や織物を指します。

洋装地のチェックと同じで、格子の大小や色彩の組合せにより、数多くの格子が考えられ、江戸時代以来、人気役者の好みや舞台衣装がそのまま柄名となったものも数多くあります。

・菊五郎格子
・六弥太格子
・高麗屋格子
・三津五郎格子
・市村格子
・三枡格子
・半四郎格子

などがあり、当時は粋なものとして愛されました。

現在の生地はポリエステルから西陣織まで実に様々で、一見シンプルな着物でも、人間国宝が手掛けたものや伝統的な製法のものの場合は買取価格が非常に高値になる場合があります。

格子縞は、三枡格子や碁盤縞、団七縞などの古典的なものから、マドラスチェックや千鳥格子など洋服に用いられるモダンな物などバリエーションも様々です。

カジュアルな可愛さとカラーバリエーションの多さから、『モダン着物』として若い方からの人気も高い柄となっています。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ