自分に合う浴衣の選び方の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > ブログ > 自分に合う浴衣の選び方

自分に合う浴衣の選び方

浴衣
2017.01.26

自分に合う浴衣の選び方

本当に似合う浴衣を着ると、顔も明るく映えて見えます。

体形や肌や髪の色ごとに、似合う浴衣選びについてまとめてみたので参考にしてみてください。

サイズの測り方

まず浴衣選びで失敗したくないのがサイズの図り方です。

女性の浴衣には着丈とおはしょりという腰の部分でたくし上げる部分があります。

そのため女性の場合は自身の身長と同じくらいの総丈の浴衣を選ぶことになります。

袖の長さは手くるぶしが出るくらいの長さが良いとされています。

浴衣は洋服と違い体形に合わせて調整して着ることができますので、細い人やぽっちゃりさんでも通常サイズの浴衣で大丈夫です。

体形ごとに似合う浴衣選び

背が低い人が浴衣を着る場合は全体を同系色でまとめます。

帯の色を浴衣と近い色や浴衣に使われている一色などにすることで背を高く見せることができます。

浴衣の柄もなるべく小さめなものを選びます。目安としては自分の手のひらより小さいものが良いでしょう。

背の高い人

現代的な雰囲気をうまく活かすような着こなしとなります。

浴衣の柄は大きなものが似合います。

逆に小さな柄を選んでしまうと、たくさんの柄が入るために目の錯覚により体がより大きく見えてしまいます。

帯は浴衣と反対色であったり、柄物の浴衣に無地の帯といったようにメリハリを意識して選ぶと良いでしょう。

背が低くて華奢な人

暖色系や淡い紫などの膨張色で柔らかく全体を大きく見せます。

柄も大きなものは避け、小柄で丸い感じのデザインがオススメです。

背が低くてぽっちゃりな人

暖色系や白などの膨張色ではより太って見えてしまいます。

濃いめの寒色系や縦ラインの柄で引き締まった見せ方にしましょう。

背が高くて華奢な人

大きめの柄と暖色や淡い色合いで柔らかな印象を作ると良いでしょう。

背が高くぽっちゃりな人

濃いめの寒色系や縦ラインなどで引き締めて見せたり、はっきりした大きめの柄でしまった印象を見せます。

肌色による浴衣選び

一般的に色の白い人にはパステル調の色か、黒や濃紺などコントラストのはっきりしたものが、健康的な肌色には赤や白などのはっきりした色が映えると言われています。

また、黄みの強い肌の人にはグリーンやオレンジ系のナチュラルな色合いの浴衣が、赤みの強い肌の人には小花柄などの多くの色が使われた華やかな浴衣がオススメです。

髪色に合う選び方

黒髪や濃い色の髪の人

浴衣の色も濃くてはっきりしたものが似合います。

薄く柔らかな髪色の人

浴衣も淡く落ち着いた柄を選ぶと優しい雰囲気が引き立ちます。

明るい髪色の人

浴衣 髪型似合う浴衣は、薄い地色に明るい柄の入ったものなどで可愛らしさを引き出します。

同じ色やトーンの浴衣でもデザインによって印象が変わるので、自分にぴったりのものを選びたいのなら、実際に合わせてみることも大切です。



高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️

着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ