お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME >

絹100%の生地のことを正絹と呼び、着物素材の中で最上級の位置づけです。

同じ絹でも糸の撚り(より)方や織り方によって、羽二重(はぶたえ)、縮緬(ちりめん)、お召し、紬など生地の種類があります。

同じ織物なら他の糸で織った生地より絹で作られた着物が格上です。

振袖や訪問着などの格の高い着物も小紋や紬などの普通のおでかけ着物も総じて絹が使われています。

付下げ、訪問着以上の高級着物、帯や着物の下に着る長襦袢も絹が用いられます。

小千谷縮(おじやちぢみ)

新潟県小千谷市周辺で生産されている縮の織物で、17世紀に堀将俊・・・

詳細はこちら

小袋帯(こぶくろおび)

半幅帯の種類で通常の帯地を半分にして仕立てた物です。 本袋仕立・・・

詳細はこちら

片縫い袋仕立て(かたぬいふくろじたて)

表と裏の生地を合わせた幅のある帯地を二つに折りにして片方を縫い・・・

詳細はこちら

単帯(ひとえおび)

単衣の着物に用いられ一枚の帯地で仕立てているため厚みが無く軽く・・・

詳細はこちら

檜扇(ひおうぎ)

檜扇とは宮中で使われた扇で、ヒノキの薄板を重ねて作られたもの・・・

詳細はこちら

牡丹(ぼたん)

中国では「百花の王」と称され、富貴の象徴でもある牡丹の花は、・・・

詳細はこちら

御所解模様(ごしょどきもよう)

茶屋辻から発展してできた華やかな自然風景模様です。 四季の草花・・・

詳細はこちら

浦野理一(うらのりいち)

染色研究家であり、また染色家でもある浦野理一は日本の伝統的な染・・・

詳細はこちら

熊谷好博子(くまがいこうはくし)

東京友禅を手掛ける染織作家。熊谷好博子の着物は人気が高く、買取・・・

詳細はこちら

誉田屋源兵衛(こんだやげんべえ)

創業280年を迎える帯問屋の老舗です。江戸時代に創業され初代・・・・

詳細はこちら

1 2 3 4 5 12
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ