お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME >

絹100%の生地のことを正絹と呼び、着物素材の中で最上級の位置づけです。

同じ絹でも糸の撚り(より)方や織り方によって、羽二重(はぶたえ)、縮緬(ちりめん)、お召し、紬など生地の種類があります。

同じ織物なら他の糸で織った生地より絹で作られた着物が格上です。

振袖や訪問着などの格の高い着物も小紋や紬などの普通のおでかけ着物も総じて絹が使われています。

付下げ、訪問着以上の高級着物、帯や着物の下に着る長襦袢も絹が用いられます。

絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様とは、着物の模様つけのひとつです。 格が高いもの、とり・・・

詳細はこちら

付下げの選び方

付下げは訪問着より略式で、小紋よりよそ行きとして位置づけられて・・・

詳細はこちら

全通柄(ぜんつうがら)

帯の全体に模様が描かれており、通し模様などとも呼ばれます。 結・・・

詳細はこちら

若松(わかまつ)

常緑樹である松は、古来より長寿や繁栄を表す縁起の良い柄として・・・

詳細はこちら

梅(うめ)

日本では古来より「松竹梅」として数えられ、縁起の良い花として・・・

詳細はこちら

鶴丸(つるまる)

鶴を家紋のように円形にデフォルメしたのが鶴丸模様です。鶴は長・・・

詳細はこちら

龍郷(たつごう)

龍郷は、秋名バラとともに生産数が減少しているため、希少価値の高・・・

詳細はこちら

正絹(しょうけん)

絹100%の織物を正絹と言います。 柔らかな肌触りで体になじみ・・・

詳細はこちら

桜(さくら)

桜はその鮮やかさと儚さより、昔から日本人に愛されてきた花です・・・

詳細はこちら

西郷柄(さいごうがら)

西郷柄は大島紬の柄の一つで、格子模様にさらに細かな絣が織り込む・・・

詳細はこちら

1 2 3 4 5 12
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ