お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME >

絹100%の生地のことを正絹と呼び、着物素材の中で最上級の位置づけです。

同じ絹でも糸の撚り(より)方や織り方によって、羽二重(はぶたえ)、縮緬(ちりめん)、お召し、紬など生地の種類があります。

同じ織物なら他の糸で織った生地より絹で作られた着物が格上です。

振袖や訪問着などの格の高い着物も小紋や紬などの普通のおでかけ着物も総じて絹が使われています。

付下げ、訪問着以上の高級着物、帯や着物の下に着る長襦袢も絹が用いられます。

梅(うめ)

日本では古来より「松竹梅」として数えられ、縁起の良い花として・・・

詳細はこちら

鶴丸(つるまる)

鶴を家紋のように円形にデフォルメしたのが鶴丸模様です。鶴は長・・・

詳細はこちら

龍郷(たつごう)

龍郷は、秋名バラとともに生産数が減少しているため、希少価値の高・・・

詳細はこちら

絹紅梅(きぬこうばい)

夏着尺の一種で、絹糸を用いた紅梅織です。 一般的には、細い絹糸・・・

詳細はこちら

久保田一竹(くぼたいっちく)

久保田一竹は室町時代の一時期に栄え、その後姿を消していた「辻が・・・

詳細はこちら

小宮康助(こみやこうすけ)

小宮康助(1882年~1961年)は1955年に、江戸小紋の人・・・

詳細はこちら

貝合わせの柄(かいあわせのがら)

平安時代から伝わる貴族の遊び「貝合わせ」を題材とした図柄です。・・・

詳細はこちら

色留袖 五つ紋(いつつもん)

比翼仕立てをした色留袖の五つ紋は礼装の中でも最高位となり、五・・・

詳細はこちら

伊砂利彦(いさとしひこ)

伊砂利彦(1924年~2010年)は、京都市生まれの作家で、型・・・

詳細はこちら

五三の桐(ごさんのきり)

桐の葉や花を図案化したものを桐紋、桐花紋といい、豊臣秀吉の家・・・

詳細はこちら

1 2 3 4 5 11
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ