お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME >

絹100%の生地のことを正絹と呼び、着物素材の中で最上級の位置づけです。

同じ絹でも糸の撚り(より)方や織り方によって、羽二重(はぶたえ)、縮緬(ちりめん)、お召し、紬など生地の種類があります。

同じ織物なら他の糸で織った生地より絹で作られた着物が格上です。

振袖や訪問着などの格の高い着物も小紋や紬などの普通のおでかけ着物も総じて絹が使われています。

付下げ、訪問着以上の高級着物、帯や着物の下に着る長襦袢も絹が用いられます。

上野為二(うえのためじ)

人間国宝に認定された友禅作家。人間国宝の友禅の訪問着は非常に価・・・

詳細はこちら

藍田正雄(あいだまさお)

藍田正雄は、生涯を江戸小紋にかけたと言ってもよい人で、江戸小紋・・・

詳細はこちら

秋山眞和(あきやままさかず)

秋山眞和は、宮崎県綾町の工房にて綾の手紡ぎを生産している染色家・・・

詳細はこちら

佐賀錦帯(さがにしきおび)

佐賀錦は平織または綾織でつくられた錦織です。 礼装の着物に合わ・・・

詳細はこちら

青戸柚美江(あおとゆみえ)

青戸柚美江は出雲織を制作している鳥取県出身の染色家です。 出雲・・・

詳細はこちら

上野街子(うえのまちこ)

友禅染工房「清染居」四代目友禅作家。清染居の着物は市場では高級・・・

詳細はこちら

付下げの選び方

付下げは訪問着より略式で、小紋よりよそ行きとして位置づけられて・・・

詳細はこちら

貼り紋(はりもん)

あらかじめ染めてある紋を着物や和装小物に縫い付けたり、貼り付・・・

詳細はこちら

自分に似合う振袖を「柄」で選ぶ

振袖を選ぶ時、たくさんの魅力的な柄の中からひとつを選ぶのは悩み・・・

詳細はこちら

自分に似合う振袖を「色」で選ぶ

洋服でも同じですが、顔映りがよく、着ていてしっくりとくる色があ・・・

詳細はこちら

1 2 3 4 5 12
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ