小川 規三郎(おがわ きさぶろう)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 作家で見る > 小川 規三郎(おがわ きさぶろう)

小川 規三郎(おがわ きさぶろう)

小川 規三郎(おがわ きさぶろう)

小川 規三郎(おがわ きさぶろう) 相場価格50,000~99,999円100,000~490,000円
希少価値★★★☆☆
素 材

現在では珍しい手織りの博多織職人として、重要無形文化財(人間国宝)の保持者に認定されている小川規三郎

小川規三郎は、1936年、福岡県福岡市博多区に生まれ、1951年より父であり後の人間国宝である小川善三郎に師事しました。

2003年に小川規三郎は重要無形文化財「献上博多織」技術保持者に認定され、日本伝統工芸展、日本工芸染色展などで受賞し、昭和62年日本工芸会正会員です。

かつて幕府への献上品として作られていた『献上博多織』の技術を継承する彼の作品は、洗練と粋を感じさせる芸術品として現在も多くの着物ファンを魅了し続けています。

小川規三郎の作品はどれも手織りで作られるため量産が難しく、非常に希少価値の高いものになっています。

証紙などの付属品が揃っている場合は買取価格も高くなるため、帯の売却を検討している場合は今一度付属品の有無・保存状態の確認を行ってみると良いでしょう。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ