辻が花(つじがはな)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 染め方を知る > 辻が花(つじがはな)

辻が花(つじがはな)

辻が花(つじがはな)

絞り染した輪郭に墨絵を施したりしたものです。

草花の模様を筆で描いたものです。

室町時代から安土桃山時代の短い期間に現れ、その後姿を消し幻の染色とまで言われました。

昭和の末期に久保田一竹などの作家たちにより息を吹き返し、現在では格の高い模様とされています。

しかし辻が花人気のために、それを模した安価な作品も存在します。

売りたい着物が辻が花模様であっても事前に査定してもらうと安心です。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ