お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 木綿

木綿

気軽に着られる木綿の着物は、繊維が太く丈夫な木綿で作られた普段着用の着物です

作業着からお出かけまで、日常のあらゆる生活シーンに活躍しています。

先染めした糸を織る「絣(つむぎ)」や「絣(かすり)」も、絹で織った場合は洒落着、木綿なら実用着になります。

木綿は吸湿性・通気性に優れ、肌触りが良く、単(ひとえ)の着物によく用いられます。着用シーズンは春夏秋。

夏の浴衣も木綿が多く用いられます。

小千谷縮(おじやちぢみ)

新潟県小千谷市周辺で生産されている縮の織物で、17世紀に堀将俊・・・

詳細はこちら

玖珂縮(くがちぢみ)

山口県岩国地方で生産されていた綿縮の一種。 江戸時代中期に富山・・・

詳細はこちら

単帯(ひとえおび)

単衣の着物に用いられ一枚の帯地で仕立てているため厚みが無く軽く・・・

詳細はこちら

竺仙綿紬(ちくせんめんつむぎ)

竺仙は天保年間に創業した浴衣、江戸小紋の老舗呉服屋です。 伝統・・・

詳細はこちら

遠州綿紬(えんしゅうめんつむぎ)

良質な綿産地でもある遠州(静岡県の浜松市周辺)では、江戸時代よ・・・

詳細はこちら

御所解模様(ごしょどきもよう)

茶屋辻から発展してできた華やかな自然風景模様です。 四季の草花・・・

詳細はこちら

さやま縮(さやまちぢみ)

糸にヨリをかけて織られた木綿製の先染め織物で、シャリっとした着・・・

詳細はこちら

京極絞り(きょうごくしぼり)

鹿子絞りは絞る部分をひとつひとつ針などでつまみ、糸で数回巻きま・・・

詳細はこちら

丹波布(たんばふ)

兵庫県丹波村で織られる地域の特産品です。 かつては「佐治木綿」・・・

詳細はこちら

有職文様(ゆうそくもんよう)

雛人形が着る着物や十二単でお馴染みの有職文様は、中国から伝来し・・・

詳細はこちら

1 2 3 4 5
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ