熊谷好博子(くまがいこうはくし)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 作家で見る > 熊谷好博子(くまがいこうはくし)

熊谷好博子(くまがいこうはくし)

熊谷好博子(くまがいこうはくし)

東京友禅を手掛ける染織作家。

熊谷好博子の着物は人気が高く、買取においても高値で取引されるようです。

東京友禅の作家さんの中では、熊谷好博子氏はかなり著名な作家です。

熊谷氏のファンは多く、名前が知れ渡ったのは主に昭和40年、50年代です。

染色工芸家として技量には評価が高く、多くの染めの技術を駆使した作品が今も残されています。

精巧で濃淡がきいた色合いは多くの人の心をつかみ、見るときによって新鮮な思いになると言われるほど、多種様々な見たてができます。

日本画家の川端龍子氏から学び、構図の取り方は抜き出ています。

日本画的な雰囲気を維持しながら写実的で、淡い色合いと合わさると特有のイメージがにじみ出ています。

こだわりが強く、非常に完成度が高い着物や帯が残っています。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
 
関連ブログ
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ