久保田一竹(くぼたいっちく)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 作家で見る > 久保田一竹(くぼたいっちく)

久保田一竹(くぼたいっちく)

久保田一竹(くぼたいっちく)

久保田一竹は室町時代の一時期に栄え、その後姿を消していた「辻が花模様」を復活させたことで一躍有名な作家となりました。

古来の技術で再現した辻が花に加え、独自の意匠やデザインで表現した「一竹辻が花」は国内外で高く評価されています。

縮緬の絹糸を使い、また草木染の染料の代わりに化学染料を使用しました。

60歳の時に自分の装飾着物の展覧会を開き、1990年にフランス芸術文化勲章シュバリエを受章ました。

久保田の着物の作品は、「光のシンフォニー」や「宇宙の威厳」と呼ばれます。

久保田の「宇宙の威厳」の作品の一部が1995年にワシントンにあるスミソニアン博物館に展示されました。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ