誉田屋源兵衛(こんだやげんべえ)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 作家で見る > 誉田屋源兵衛(こんだやげんべえ)

誉田屋源兵衛(こんだやげんべえ)

誉田屋源兵衛(こんだやげんべえ)

創業280年を迎える京都室町の帯問屋の老舗です。

江戸時代に創業され初代・矢代庄五郎から続く西陣織帯地の卸商を営んでいます。

今は十代目の山口源兵衛が、 受け継がれてきた技術と革新の精神で 着物業界に作品を送り出しています。

社名の「誉田」は、「こんだ」と読ませますが、応神天皇陵の「誉田八幡宮」と同じです。

誉田屋源兵衛の帯の魅力は、一つ一つの帯からもわかるゆるぎない自信です。

・素材
・織り
・意匠
・色

全てから、誉田屋であることの誇りを知ることができ、装う人の帯姿に深い洗練さを演出します。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ