綿芭蕉(めんばしょう)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 浴衣 > 綿芭蕉 > 綿芭蕉(めんばしょう)

綿芭蕉(めんばしょう)

綿芭蕉(めんばしょう)

綿芭蕉(めんばしょう) 相場価格1,000~9999円10,000~49,999円
希少価値★★★☆☆
素 材木綿その他

しなやかで涼しげな印象の自然布で、この風合いを木綿で表現したものを『綿芭蕉(めんばしょう)』と呼びます。

呉服屋『竺仙(ちくせん)』が開発したこの生地は非常に清涼感のある着心地で、高級ながらも非常に人気の浴衣地です。

芭蕉布は重要無形文化財に指定されており、価値の高い絹織としても有名で、繊維は堅く丈夫で軽くて風通しが良いのが特徴です。

さらりとした肌触りが心地よい生地で、その涼しさと肌当たりの良さは夏の浴衣にぴったりです。

材料の糸芭蕉は、苧麻(からむし)とともに自生していたという説と、中世に交易で南方から移植されたという説がありますが、どちらか定かではありません。

どちらにせよ歴史は古く、13世紀頃から始まり、江戸期には庶民の衣生活になくてはならないものとして普及していました。
 
戦前までは、沖縄全島で芭蕉布の生産され、

・首里
・喜如嘉
・今帰仁

は三大産地といわれていました。

しかし、戦後急に衰え、今ではかつて上物の産地だった喜如嘉の村だけが、その伝統を受け継いでいます。

ご不用になった浴衣の買取をお考えの場合、まずは着物買取の専門店に査定を依頼されることをお勧めいたします。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ