長田宮博(ながたみやひろ)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 作家で見る > 長田宮博(ながたみやひろ)

長田宮博(ながたみやひろ)

長田宮博(ながたみやひろ)

大島紬の本場奄美大島で、染めが難しい黒の地糸染めを数年続けている染め職人です。

長田氏が染める地糸は評判がよく染色の行程にこだわりがあります。

染め上げた糸を綺麗な川の水で洗い、地糸を数回叩き付け付着した細かい泥やごみなどを奇麗にする作業を行っています。

大変な手間をかけることで糸をしなやかに強くより良い物に仕上げています。

着物好きの方が憧れる、現代感覚にマッチ&技術的に難しい華やかな印象の「龍郷柄」や、女性物の最高位と呼ばれる、全体的に落ち着いた雰囲気に十文字が入ったお洒落な「秋名バラ柄」は有名です。

男性物の最高位は西郷隆盛の名を冠し、製作工程で最高の技術が必要とされる「西郷柄」です。

百年以上が経っても色褪せない格調と完成された素晴らしい作品です。

本場大島紬の着物を高く買取ってもらうならば、本場大島紬を認定する印が付いた証紙は無くさず保管しておきたいところです。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ