金井一人(かないかずひと)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > 作家で見る > 金井一人(かないかずひと)

金井一人(かないかずひと)

金井一人(かないかずひと)

金井一人は大島紬の泥染めを専門に行っています。

泥染めの行程は奄美大島に自生する車輪梅の木を煮だした染め液に何度も浸し、タンニンの酸で赤く染められた物を丸一日乾燥させた後に泥田で洗いながら染めていきます。

この行程を何度かくり返すことによって大島紬の独特の黒に染めあがります。

「品質のよい大島紬を作りたい」という想いで地元で、泥染めの修行を受けた金井一人は、昭和55年に自らの工房を構えました。

染色一筋に打ち込み、昔ながらの「揉み込み染色法」を守り、泥染め大島紬では120回にもなる車輪梅染と4時間以上に及ぶ泥染めを実行し続けています。

堅牢度は島一番と言っても過言ではないでしょう。

泥染大島紬の着物は人気が高く高額買取も期待できます。

古かったり価値の分からないものでも業者で査定してもらうのが良いでしょう。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ