山繭紬(やままゆつむぎ)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > > 信州紬 > 山繭紬(やままゆつむぎ)

山繭紬(やままゆつむぎ)

山繭紬(やままゆつむぎ)

山繭紬(やままゆつむぎ) 相場価格10,000~49,999円
希少価値★★☆☆☆
素 材

山繭紬は、長野県の松本市および安曇野市で生産されるヤママユ(天蚕)の繭から採られた天蚕糸を使った織物です。

山繭紬は信州紬とも呼ばれ、伝統的工芸品に指定されています。生産する地域により、

・松本紬
・上田紬
・飯田紬
・伊那紬

などと呼ばれますが、総称して信州紬と呼ばれることが多くあります。

信州は原材料の種類が豊富なので、自生する植物を使用した草木染めを活用しています。

図柄の特徴は

・縞
・格子

またはそれらの混成や無地調子など多様な模様を用いた織物になります。

天蚕の繭は鮮やかな緑色をしていて、そこから採れる糸は独特の深い光沢を持ち、絹と比べて丈夫で軽く柔らかいです。

また、染料の吸着性が弱いために濃く染まらず、山繭紬の織物は自然な柔らかい色合いとなるのも特徴です。

買取価格は10,000円前後が相場となっています。

山繭糸の希少価値が高いため、山繭紬の着物も高級品とされますので、着物を売りたいと思ったら品質を保った状態で買取に出せると良いでしょう。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ