結城紬 高機(ゆうきつむぎ たかはた)の買取相場や価値を詳細に解説

お持ちの着物の買取相場や価値を知って高額買取しよう!
HOME > > 結城紬 > 結城紬 高機(ゆうきつむぎ たかはた)

結城紬 高機(ゆうきつむぎ たかはた)

結城紬 高機(ゆうきつむぎ たかはた)

奈良時代から続く高級織物で、現在、結城市や小山市などで作られています。

着物に詳しい方は細かい亀甲の柄を連想しますが、反物の幅の亀甲の数で80亀甲、100亀甲などと呼ばれています。

結城紬は織る機械によって高機(たかはた)と地機(じばた)に分かれていますが高機手織りで作られている反物は大島紬とよく似た工程で作られ、価格も手頃で人気があり、高級な着物の定番です。

買取相場は通常の結城紬で数千円~で、重要文化財の結城紬で24,000円~100,000円前後の高値がついています。

せっかくの結城紬ですので、お売りになりたい方は、価値のわかる専門業者に査定依頼を出すことをお勧めいたします。

高価買取お急ぎください!!着物の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ