着物好きによる、着物の種類や普段使いを知りたい人のためのサイト

着物好きによる、着物を知りたい人のための情報サイト - 着物を知って美しく生きる

着物を着ることで女性らしく美しくなる

着物を着ることで女性らしく美しくなる

誰しも必ず着物に興味をもったことがあるはず!私は宇治に訪れた際、お抹茶と着物に心を奪われ、日本人である楽しみをみつけた気がしました。大人になって気づく日本の良さ。それと同時に女性らしい仕草やたしなみを身につけさせてくれる着物の素晴らしさを知り、もっと様々なシーンで楽しみたいという思いから、いろいろと調べているうちに着物サイトを作ろうと思いました。
まだまだ知らないこともたくさんありますが、好きこそ物の上手なれ。このサイトをきっかけに、奥深い着物の世界を勉強していけたら良いなと思っています。

着物の魅力

四季のうつろいを着物で感じることができる

切手の中には、1,梅や桜、もみじに雪化粧。着物の柄は季節を彩る美しいものが多いですよね。 普段、なにげなく着ているお洋服より、着物をまとうことで、より季節を感じる機会が増えることが最大の魅力と感じます。また、長く着られることを前提に作られた着物は、時代を経て、様々な人の手にわたっても、いつまでも美し纏うことができます。

着ない着物は売って、新しい命を与えてください

着物の写真

最近では、自分のスタイルにあわせて、楽しく着物を着る人たちが増えています。着物といえば正装や形式にとらわれたものといったイメージがありますが、私は気軽にリサイクルショップに足を運び、普段着を買う感覚で着物を手にすることもあります。
着物を着て街歩きをするサークルや集まりもあり、着物を着ることで茶道やお華を始める人達も多いようです。
もう着ないかなと思った着物は、リサイクルショップや買取業者に依頼することで他の人の手に渡り、そこからまた長く愛用される可能性があります。使わない着物は捨ててしまわず、売ることをおすすめします。私も新しい着物たちと出合えることが楽しみでしかたありません。

着物情報を追加しました

綿芭蕉(めんばしょう)

綿芭蕉(めんばしょう) 相場価格1,000~9999円10,000~49,999円
希少価値★★★☆☆
素 材木綿その他

しなやかで涼しげな印象の自然布で、この風合いを木綿で表現したものを『綿芭蕉(めんばしょう)』と呼びます。

呉服屋『竺仙(ちくせん)』が開発したこの生地は非常に清涼感のある着心地で、高級ながらも非常に人気の浴衣地です。

ご不用になった浴衣の買取をお考えの場合、まずは着物買取の専門店に査定を依頼されることをお勧めいたします。

芭蕉布は重要無形文化財に指定されており、価値の高い絹織としても有名で、繊維は堅く丈夫で軽くて風通しが良いのが特徴です。

さらりとした肌触りが心地よい生地で、その涼しさと肌当たりの良さは夏の浴衣にぴったりです。

コーマ(こーま)

コーマ(こーま) 相場価格1~999円1,000~9999円
希少価値★☆☆☆☆
素 材木綿

浴衣に広く使われているコーマ地。

高度に精錬された木綿糸(コーマ糸) を用いて織った浴衣地のことを言い、綿糸で織られた『綿コーマ』と言うものも存在します。

ご不用になった浴衣の買取をお考えの場合、まずは着物買取の専門店に査定を依頼されることをお勧めいたします。

手頃な価格のものは、洗うとハリがなくなることもあるので、上等な素材を選んだほうが長く来ることができます。

特岡(とくおか)

特岡(とくおか) 相場価格1~999円1,000~9999円
希少価値★☆☆☆☆
素 材木綿

江戸時代から戦前まで、日常着として愛用されていた伊勢木綿。

「特岡」とは、手ぬぐい地の中で一番上等な生地の事で、使い込んでいくことでどんどんなじみやすくなっていことから、寝間着として愛用している人も多い浴衣地です。

高級と言っても元が手ぬぐい地と言うことで、他の浴衣地に比べると非常にお手頃な価格のものが多い点も魅力。

買い取り的な価値がそれほど高いわけではありませんが、手軽に着られる浴衣として人気です。

奥州絣(おうしゅうかすり)

奥州絣(おうしゅうかすり) 相場価格1,000~9999円10,000~49,999円
希少価値★★☆☆☆
素 材木綿

品の良さと、涼しさを感じさせる奥州絣(おうしゅうかすり)。

経糸で絣を織りだした、手織り紬の様な独特の風合いの綿生地に、伝統的な染め方である引き染めで、江戸の頃より伝わる中形の柄を染め上げてあります。

晩夏に着る浴衣地として、その独特の風合いと洒落た柄は多くの着物ファンに愛されています。

『奥州小紋』と呼ばれる奥州絣を使用して小紋染を行った浴衣は、不思議と飽きることがなく、大人の浴衣として長く着たくなるような一枚です。

買取価格は1,000円~20,000円ぐらい、特に浴衣は夏に着るタイプの着物ですので、汗じみなど保存状態には気を配りたいところです。

絹紅梅(きぬこうばい)

絹紅梅(きぬこうばい) 相場価格1,000~9999円10,000~49,999円
希少価値★★☆☆☆
素 材

街着として着こなせる高級浴衣「絹紅梅」。

絹紅梅は、地の糸と格子状に織り込まれた糸の太さが極端に違うので、透け感が増し涼しげな印象になっています。

表面にできた凸凹で、生地が肌にはりつかず、さらりとした心地よい着心地です。

透け感が強いので、浴衣として着るなら下着をつけると良いでしょう。

買取の目安としては、高級浴衣となる絹紅梅は5,000円~10,000円ぐらい。

浴衣の価値は素人目に判断が難しいので、査定の専門家に買取を依頼して判断してもらうのがベストです。

高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で着物買取の専門家が無料査定!!
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ