着物好きによる、着物の種類や普段使いを知りたい人のためのサイト

着物好きによる、着物を知りたい人のための情報サイト - 着物を知って美しく生きる

着物を着ることで女性らしく美しくなる

着物を着ることで女性らしく美しくなる

誰しも必ず着物に興味をもったことがあるはず!私は宇治に訪れた際、お抹茶と着物に心を奪われ、日本人である楽しみをみつけた気がしました。大人になって気づく日本の良さ。それと同時に女性らしい仕草やたしなみを身につけさせてくれる着物の素晴らしさを知り、もっと様々なシーンで楽しみたいという思いから、いろいろと調べているうちに着物サイトを作ろうと思いました。
まだまだ知らないこともたくさんありますが、好きこそ物の上手なれ。このサイトをきっかけに、奥深い着物の世界を勉強していけたら良いなと思っています。

着物の魅力

四季のうつろいを着物で感じることができる

切手の中には、1,梅や桜、もみじに雪化粧。着物の柄は季節を彩る美しいものが多いですよね。 普段、なにげなく着ているお洋服より、着物をまとうことで、より季節を感じる機会が増えることが最大の魅力と感じます。また、長く着られることを前提に作られた着物は、時代を経て、様々な人の手にわたっても、いつまでも美し纏うことができます。

着ない着物は売って、新しい命を与えてください

着物の写真

最近では、自分のスタイルにあわせて、楽しく着物を着る人たちが増えています。着物といえば正装や形式にとらわれたものといったイメージがありますが、私は気軽にリサイクルショップに足を運び、普段着を買う感覚で着物を手にすることもあります。
着物を着て街歩きをするサークルや集まりもあり、着物を着ることで茶道やお華を始める人達も多いようです。
もう着ないかなと思った着物は、リサイクルショップや買取業者に依頼することで他の人の手に渡り、そこからまた長く愛用される可能性があります。使わない着物は捨ててしまわず、売ることをおすすめします。私も新しい着物たちと出合えることが楽しみでしかたありません。

着物情報を追加しました

牛首紬(うしくびつむぎ)

牛首紬(うしくびつむぎ)

通常、繭は1頭のカイコが作りますが、まれに2頭のカイコが入っていることがあり、これを「玉繭(たままゆ)」と呼びます。
これを使用した糸を横糸に用いて織られた生地を「牛首紬(うしくびつむぎ)」と呼びます。老舗の白山工房で作られたものだと、五万~六万円の買取価格がついた実績もあるので、お持ちの方はぜひ一度査定しもらってはいかがでしょうか。
2頭のカイコが紡いだ玉繭は、糸が内部で複雑に絡み合い製糸が非常に難しいと言われています。牛首紬は石川県白山市で約800年前に生まれました。現在では石川県の無形文化財に指定されており、大変人気のある織物です。しなやかで丈夫なことから、釘を抜いても大丈夫という意味の「釘抜き紬」とも呼ばれています。

絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様とは、着物の模様つけのひとつです。格が高いもの、とりわけ訪問着や留袖、振り袖に使われます。
絵羽模様の着物を売る際は、素材や保管状態に気をつけることが大切です。保存状態がよいものは高額買取になる可能性もありますので、着物の買取専門店で査定してもらいましょう。
通常の着物の模様付けは反物の状態で行いますが、絵羽模様の場合、模様付けする前に模様が縫い目で切れないように白生地を裁断、着物の形に仮縫いをします。
この仮縫いのことを仮絵羽、絵羽縫い、羽縫いなどといいます。そこに染加工・刺繍・印金など全ての加工をして再び仮縫いをして絵羽模様ができあがります。
模様が着物全体にあるのでとても豪華で華やかな印象を与えます。

付下げの選び方

付下げの選び方

付下げは訪問着より略式で、小紋よりよそ行きとして位置づけられています。付下げの買取を検討されている方は、流行のデザイン物や使いみちの多いシンプルな物も高額になる傾向にありますので、一度査定をしてみることをおすすめします。
付下げは友人の結婚披露宴やパーティー、クラス会や、茶会、他家への訪問、観劇など、正式な場や少しあらたまったお出かけの時に着用します。そのため、華やかな柄やおとなしい柄まで多種多様です。
付下げ訪問着は、柄が縫い目にかからないようになっているため、訪問着と比べると小ぶりな模様になっています。しかし、小紋よりは柄が大きくはっきりしたものが多く、結婚式など華やかな場所がおすすめです。
一方、付下げ小紋は同じ柄の繰り返しで、柄がすべて上を向いていることが特徴です。
控えめでありながらおしゃれな印象を与えるため、茶会や観劇などのお出かけに向いています。またその中間として飛び柄の付下げがあります。これは柄が不規則でありながら大人しいのものが多く、原則として仕立てのときに柄が縫い目をまたぐことがないことも特徴です。華やかな装いではなく「少し改まった場所」への着用におすすめです。

手描き小紋(てがきこもん)

手描き小紋(てがきこもん)

手書き小紋は一点ものがほとんどなうえ、量産がしづらい技法です。そのため、街着使いがポピュラーな小紋の中でも「格調高い訪問着」として扱われることが多い着物です。買取市場での相場価格も非常に高く、驚くほどの査定額で売れることも多々ある小紋。とても希少価値の高い着物ですので、売却を検討している場合はシミや汚れに気をつけて保管しましょう。

付下げ訪問着(つけさげほうもんぎ)

付下げ訪問着(つけさげほうもんぎ)

着物は一枚の反物を分割し、横に繋ぎ合わせて作っていくのが大原則。
通常の訪問着は、着物の形に仮仕立てをした上から柄を入れていくためごく自然な大柄を作ることが出来ます。これは非常に手間がかかる技法で相場価格は相当なものになり、買取価格も高くなります。
そこで活躍するのが付下げ訪問着(つけさげほうもんぎ)、絵羽付け下げ(えばつけさげ)とも呼ばれます。
大きな柄の入った着物を作る場合、継ぎ目が不自然にならないような工夫が必要となりますが、付下げ訪問着は反物の状態で柄を染めてから仕立てに移るので、通常の訪問着に比べると手間が省ける分、お求めやすい価格の着物になります。

着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ