着物好きによる、着物の種類や普段使いを知りたい人のためのサイト

着物好きによる、着物を知りたい人のための情報サイト - 着物を知って美しく生きる
HOME > 訪問着

訪問着

訪問着
訪問着(ほうもんぎ)とは、フォーマル用にもクラス会や、お茶会、ちょっとしたお出かけなどにも着ることができる便利な着物です。袖丈は短いですが、既婚女性も未婚女性も着ることができ、一連の絵柄が着物全体に描かれているのが特徴です。訪問着には冬用の袷(あわせ)、春秋用の単衣(ひとえ)、夏用の薄物(うすもの)があります。通常の訪問着の買取相場は10,000円程度ですが、染めや仕立てによっては、100,000円になる訪問着もありますので、もしも由来のわからない訪問着をお持ちなら、着物の価値を知っておくことをおすすめします。

訪問着の種類

袷
袷(あわせ)とは、表地と裏地を2枚合わせて仕立てられた冬用の訪問着です。裏地を無地にすることもできますが、色物や花柄などにして、隠れたおしゃれを楽しむこともできます。歩くたびに裾からのぞく裏地に凝り出すとキリがないほどです。しかし、もしもお持ちの袷に飽きてしまいタンスにしまいこんでいるのであれば、着物の買取に出すことを考えてみてはいかがでしょうか。袷を着物の専門の買取業者に買い取ってもらう場合の相場価格は、10,000円程度になりますが、価値の高いものにはさらにプレミアがつくかもしれません。

薄物

薄物
薄物(うすもの)とは、縦糸と横糸の密度が粗く、透ける生地の総称で、一般的には、上布(じょうふ)、紗(しゃ)、絽(ろ)などが挙げられます。また、これらの素材で仕立てられた着物を薄物と呼び、7月、8月の真夏の盛りに着用します。薄物は傷みやすいので、リサイクルショップの買取ではあまり高値では引き取ってもらえませんが、着物の買取専門の業者では、着物の価値を査定し、適正な相場価格で買取をしてくれます。もう着なくてタンスの奥にしまわれている薄物があれば、買い取ってもらってはいかがでしょうか。

単衣

単衣
単衣(ひとえ)は、裏布のついていない1枚物の着物で、着用する時期は6月と9月と言われていますが、南北に長い日本ですので、その地方の季節に合わせて着用しましょう。例えば、暑い沖縄で6月だからといって無理に汗をかきなが、単衣を着なくてもいいのです。単衣は着物専門の買取の相場は10,000円前後ですが、素材が正絹であったり、大手きものブランドのものであったりすると、着物の価値が高いので、もう少し高値で買取をしてもらえる場合があります。着ない着物はこれを機会に買取にだしてみてはいかがでしょうか。
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ