着物好きによる、着物の種類や普段使いを知りたい人のためのサイト

着物好きによる、着物を知りたい人のための情報サイト - 着物を知って美しく生きる
HOME > 小紋

小紋

小紋
小紋(こもん)とは、全体に模様が入った着物を指し、普段着として着用します。そのため購入価格もお手頃なものが多く、買取価格の相場も6,000円前後となります。 訪問着と付け下げが肩の方が上になるように模様がついているのに対し、小紋は上下の方向に関係なく模様が入っているため、礼装、正装としてはふさわしくありません。 そのため、小紋の着物としての格は訪問着や付け下げよりも低くなります。売却をされる場合は、なるべく高価買取をしてくれる買取専門店に査定をお願いすることをおすすめします。 しかし、シミや傷、汚れなどの傷みがひどい着物は、着物の買取専門の業者でも値段がつかない場合がありますので、保管には十分に注意を払ってください。

小紋の種類

型小紋

型小紋
型小紋(かたこもん)とは、型紙捺染(かたがみなっせん)で染められた小紋を指します。 本来、小紋の染め方は型紙捺染なのですが、現代では手描き小紋、蠟染小紋などが登場しているため、特に型紙捺染を区別して型小紋と呼んでいます。 小紋の買取相場は6,000円前後と言われ、比較的安価な価格での買取となってしまします。 しかし着物を着ると不思議なことに、着物を着ているというだけで何か特別な扱いをされたり、タクシーの運転手さんや、ホテルのフロントの方などがいつも以上に親切な場合が多々あります。買取価格は安くなってしまいますが、その分気持ちでお得感を味わうことができますね。 出来る限り高く買い取って貰うためにも、型小紋の買取をお考えの場合は、リサイクルショップよりも着物の価値がわかっている専門の買取業者がおすすめです。

手描き小紋

手描き小紋
室町時代に生まれ、江戸時代に一気に広まったとされる小紋着物。その使い勝手の良さと、モダンでおしゃれなデザインから現代でも幅広い世代に人気の着物です。 手軽で人気の小紋ですが、売却をする場合はリサイクルショップだとかなり安い買取価格となってしまいます。 しかし着物買取専門店であれば柄や作家などの付加価値もしっかりと査定してもらえるので、少しでも高く買い取ってもらうことができます。 そんな小紋は、全体にパターンが入ったものを総じて『小紋』と呼びますが、大きく分けると絵型を使用する『型小紋(かたこもん)』と手描き図案を染める『手描き小紋(てがきこもん)』の2種類となります。型小紋に比べると手描き小紋は染めに非常に手がかかります。手描き友禅小紋などはその代表格で、間近で見るとその緻密さと華やかさに圧倒されるはずです。
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ