着物好きによる、着物の種類や普段使いを知りたい人のためのサイト

着物好きによる、着物を知りたい人のための情報サイト - 着物を知って美しく生きる
HOME > 振袖

振袖

振袖
振袖とは着物の一種で、袖丈が長いものを指し、未婚の日本人女性の第一礼装です。 成人式で着る方が多く、購入するときにはかなり高額になります。 しかし残念ながら着物の買取市場での価値はあまり高くありません。着物の専門買取業者による買取価格の相場は10,000円から40,000円程度になってしまいます。 振袖は袖丈により、大振袖、中振袖、小振袖と分けることができます。それぞれ着用シーンが違い、大振袖の場合は花嫁が結婚式に着用し、中振袖や小振袖は結婚式や成人式などに着用します。 結婚後は袖を短くし、留袖や訪問着に仕立て直すことにより、長く着ることができます。 振袖を売却する場合、仕立てや作家などにより高価買取をしてもらえることがあるので、まずは信頼の出来る買取専門店に査定をお願いしてみる事をおすすめします。

振袖の種類

本振袖・大振袖

本振袖・大振袖
袖丈が113センチ前後の振袖を本振袖・大振袖と呼びます。 大振袖を着る機会は少なく、婚礼衣装として用いられる場合がほとんどです。 白無垢などの大振袖には襟と袖口に綿を詰めます。そのままの状態では婚礼以外に着用することはできませんので、結婚後にお嬢さまが生まれた場合の婚礼衣装にできるとステキですね。 大振袖を買取に出す場合、リサイクルショップなどに出してしまうと、買取の値段はあまり高くなく、相場が1,000円程度になってしまいますので、振袖の価値がわかる専門の買取業者に買い取ってもらうようにしましょう。

中振袖

中振袖
袖丈が100センチ前後の振袖を中振袖と呼びます。 中振袖は成人式や親せきや友人の結婚式、フォーマルなパーティなどに幅広く着用することができます。 なかなか着る気会がない振袖ですが、せっかくお持ちでしたら、できるだけ着てお出かけしたいですね。そしてご結婚後には留袖に仕立て直すと、より一層長く着ることができます。 しかし、もしも振袖を手放されるのなら、振袖の価値がわからないリサイクルショップに売るようなことはせず、適正な相場価格で振袖を買い取ってくれる着物の買取専門業者に買い取ってもらうことをおすすめします。

小振袖

小振袖
袖丈が85センチ前後の振袖を小振袖と呼びます。 小振袖は卒業式などに袴と合せて着ると、足さばき袖さばきがよく、颯爽としてステキです。 3月の卒業シーズンには、振袖袴姿の若い女性がテレビに映っていますよね。そんな人生の大切なシーンに着た振袖ですが、やむをえず手放さなければならない場合もあります。 そのときには、振袖を価値に見合った適切な相場価格で買い取ってくれる着物専門の買取業者に買い取ってもらいましょう。安易にリサイクルショップに持ち込んだりすると、500円、1,000円などという価格になってしまいます。
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ