着物好きによる、着物の種類や普段使いを知りたい人のためのサイト

着物好きによる、着物を知りたい人のための情報サイト - 着物を知って美しく生きる
HOME > 付下げ

付下げ

付下げ
付下げ(つけさげ)とは、反物の状態で仕立てたときに柄が全て上向きになるように染められた着物で、買取の相場は1万円ほどになります。 付下げの着物の格としては、訪問着の下、小紋の上となり、正装よりもカジュアルな着物に位置づけられます。 着用のシーンとしては、クラス会やティーパーティ、観劇などがふさわしいでしょう。 もしも付下げの売却をお考えなら、事前に買取の価格の相場を調べてから、信頼できる着物の買取業者に買い取ってもらいましょう。まちがっても着物の価値がわからないリサイクルショップに持ち込んではいけません。

付下げの種類

付下げ小紋

付下げ小紋
付け下げの種類の中に、付下げ小紋(つけさげこもん)と呼ばれるものがあります。 買取価格の相場は6,000円程度で、残念ながら通常の付下げよりも買取価格が低くなってしまいます。なので着物の価値がわかる買取業者で査定をしてもらってからの売却をおすすめします。 付下げ小紋とは、仕立て上がったときに小さい模様が、袖や裾、胸元に来るように染められた付下げです。付下げ小紋の着物としての格は「小紋」という扱いになりますので、普段のおしゃれ着として着用します。 買取の際、リサイクルショップに持ち込むと、500円程度で買い叩かれてしまいますのでご注意ください。

付下げ訪問着

付下げ訪問着
付下げは反物の状態で柄を染めてから仕立てに移るので、通常の訪問着に比べるとお求めやすい価格の着物です。 そのため買取に出す場合は、少しでも高価買取をしてもらえる買取専門店を探すことが必須です。 訪問着よりお求めやすいと言っても、染めの時点で緻密な計算が必要な大柄のもの、使用している反物が上質なものは価値が上がり、買い取り価格も高くなります。 伝統工芸品や有名作家が作った着物の場合、証紙やたとうが揃えばさらなる高額買取も期待できるのでなかなかあなどれない着物です。
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ