着物好きによる、着物の種類や普段使いを知りたい人のためのサイト

着物好きによる、着物を知りたい人のための情報サイト - 着物を知って美しく生きる
HOME >

絹100%の生地のことを正絹と呼び、着物素材の中で最上級の位置づけです。同じ絹でも糸の撚り(より)方や織り方によって、羽二重(はぶたえ)、縮緬(ちりめん)、お召し、紬など生地の種類があります。同じ織物なら他の糸で織った生地より絹で作られた着物が格上です。振袖や訪問着などの格の高い着物も小紋や紬などの普通のおでかけ着物も総じて絹が使われています。付下げ、訪問着以上の高級着物、帯や着物の下に着る長襦袢も絹が用いられます。

絹紅梅(きぬこうばい)

街着として着こなせる高級浴衣「絹紅梅」。 絹紅梅は、地の糸と格・・・

詳細はこちら

絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様とは、着物の模様つけのひとつです。 格が高いもの、とり・・・

詳細はこちら

手描き小紋(てがきこもん)

手書き小紋は一点ものがほとんどなうえ、量産がしづらい技法です。・・・

詳細はこちら

付下げ訪問着(つけさげほうもんぎ)

着物は一枚の反物を分割し、横に繋ぎ合わせて作っていくのが大原則・・・

詳細はこちら

紬縮緬(つむぎちりめん)

紬縮緬は比較的最近生まれた新しい織物で、経糸に生糸を・緯糸に紬・・・

詳細はこちら

三越(みこし)

右撚り糸と左撚り糸を三本ずつ織り上げていったもののことを「三越・・・

詳細はこちら

二越(ふたこし)

二越(ふたこし)ちりめんは「古代ちりめん」とも呼ばれ、右撚り糸・・・

詳細はこちら

一越(ひとこし)

「一越(ひとこし)ちりめん」とは右撚り糸と左撚り糸を一本ずつ交・・・

詳細はこちら

綸子(りんず)

生糸(撚っていない糸)で織り上げた絹織物のことを綸子と言います・・・

詳細はこちら

紋意匠(もんいしょう)

経糸に駒撚糸、地緯(ベースとなる緯糸)に強撚糸、絵緯(模様部分・・・

詳細はこちら

1 2 3 4 5 8
高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で着物買取の専門家が無料査定!!
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ