着物好きによる、着物の種類や普段使いを知りたい人のためのサイト

着物好きによる、着物を知りたい人のための情報サイト - 着物を知って美しく生きる
HOME > 染め方を知る

染め方を知る

絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様とは、着物の模様つけのひとつです。格が高いもの、とりわけ訪問着や留袖、振り袖に使われます。
絵羽模様の着物を売る際は、素材や保管状態に気をつけることが大切です。保存状態がよいものは高額買取になる可能性もありますので、着物の買取専門店で査定してもらいましょう。
通常の着物の模様付けは反物の状態で行いますが、絵羽模様の場合、模様付けする前に模様が縫い目で切れないように白生地を裁断、着物の形に仮縫いをします。
この仮縫いのことを仮絵羽、絵羽縫い、羽縫いなどといいます。そこに染加工・刺繍・印金など全ての加工をして再び仮縫いをして絵羽模様ができあがります。
模様が着物全体にあるのでとても豪華で華やかな印象を与えます。

京極絞り(きょうごくしぼり)

京極絞り(きょうごくしぼり)

鹿子絞りは絞る部分をひとつひとつ針などでつまみ、糸で数回巻きます。この糸を2回巻いたものを京極絞りと呼び、鹿子絞りの一種になります。絞りの着物は手間のかかった高価な着物なので、買取に出す場合は価値のわかる買取業者に査定してもらうと安心です。
模様に沿って一粒ずつ京極を絞ったものを一目絞り、人目絞りとも言います。京極絞りは粒同士の間隔が比較的広いものも京極絞りと呼ばれるようです。絞りの着物はフォーマルな場には着られないと言われていますが、訪問着として着用できます。

加賀染(かがぞめ)

加賀染(かがぞめ)

古くから加賀に伝わる独特の染色方法です。
加賀染にはあらゆる種の染め方や染色家がいますが、売りたい着物が加賀染振興協会に認定されるなどした有名作家であれば高額買取も見込めます。
加賀染はお国染めとも呼ばれ、梅染め、加賀友禅などがそれにあたります。木綿に防染で模様を描くのに一陳糊が使われ、加賀友禅の発達する素地となりました。加賀染めは主に武士や町人の日常着や夜着、のれんや風呂敷などの日用品に染められていたようです。

疋田絞り(ひったしぼり)

疋田絞り(ひったしぼり)

疋田絞りは、生地を一粒ずつ四角くつまんで括り染める、鹿子絞りの一種です。疋田絞りの染められた着物を売るなら、目利きの査定員のいる買取業者を選びましょう。
ひとつひとつ手作業で絞るという大変な手間がかかっているので、人件費の安い外国で生産されたものも多くあるようですが、たとえ外国製でも疋田絞りの着物は高価とされています。生産地や制作方法によっても価値が変わってくるでしょう。
生地を括る時に糸を上から順に4、5回巻き、最後に2回括るという工程で比較的大型に防染されています。

長板本染め中形(ながいたほんぞめちゆうがた)

長板本染め中形(ながいたほんぞめちゆうがた)

型染めの木綿地浴衣を中形と言います。型付けに長板(約6~9m)を使用したものを長板本染め中形、江戸中形などと言い、高級浴衣に位置付けられています。
松原伸生など現代でも活躍する長板本染め中形の作家もおり、そういった作家物の浴衣であれば高額買取の可能性もさらに高まります。
中形は元々、中くらいの柄ゆきを意味するものでしたが、いつからか現在の意味に変化していったようです。

御所解模様(ごしょどきもよう)

御所解模様(ごしょどきもよう)

茶屋辻から発展してできた華やかな自然風景模様です。四季の草花の中に宮中に関連する御所車や扇、宮殿楼閣、王朝文学や能に現れる事物などを描いたものです。着物らしさがよく表れた非常に華やかなデザインが多いようです。御所解模様の描かれた帯やバッグも多くあります。金彩が施されたものはその部分が変色しやすいので保管には注意したいものです。その分、状態が良ければ高い買取額がつくことが期待できます。

辻が花(つじがはな)

辻が花(つじがはな)

絞り染した輪郭に墨絵を施したりしたものです。草花の模様を筆で描いたものです。室町時代から安土桃山時代の短い期間に現れ、その後姿を消し幻の染色とまで言われました。昭和の末期に久保田一竹などの作家たちにより息を吹き返し、現在では格の高い模様とされています。しかし辻が花人気のために、それを模した安価な作品も存在します。売りたい着物が辻が花模様であっても事前に査定してもらうと安心です。

たたき染め(たたきぞめ)

たたき染め(たたきぞめ)

溶かした蝋を筆に付けた物を棒で叩き布の上に落とすことで防染します。蝋を落とした部分は粒状に染め残るため、梨地や雪のような模様を描くことができます。京友禅作家・松井青々のたたき染めの上に松竹梅などの模様を描いた作品は人気があり、青々調とも呼ばれています。青々調には模造品も作られ出回っています。売りたい着物が確かに価値のあるのかわからない時は、専門家の査定があった上で買取してもらうのが良いでしょう。

京友禅(きょうゆうぜん)

京友禅(きょうゆうぜん)

友禅染めとは生地に手描きや型などを使って彩色された日本で古くから伝わる染色工芸です。京友禅は柔らかい色調を好み、基調になっている色が判別しにくいほどの多彩な色を使っていながらも洗練された配色で非常に上品で華やかです。柄には高度に様式化された絵や紋様などが多く使用され、刺繍や金箔などを効果的に使ったものが多く存在します。有名な作家の作品などはかなりの高額買取になります。信頼できる業者選んで査定してもらうのも買取のコツです。

金彩友禅(きんさいゆうぜん)

金彩友禅(きんさいゆうぜん)

染め上がった生地に金や銀の箔、金粉などが施されたものは金彩友禅とも呼ばれます。金箔粉といえどもその色合いも多彩で、色や模様・光沢が緻密に計算され柄に表されます。それにより豪華でありながら上品さを持つ着物となっています。金彩友禅の着物は特に金箔や刺繍の状態により買取金額が大きく変わってきます。証紙も付属し高額買取が期待できるものであれば、保管にも充分に気を配りたいものです。

加賀友禅(かがゆうぜん)

加賀友禅(かがゆうぜん)

臙脂、黄土、藍、草、古代紫の加賀五彩を基調とした色彩と枯れ葉や虫食いなどの写実的な絵の描写が特徴的です。刺繍などの装飾は使われず、主に作家によって手描きで染色されています。見た目の印象は落ち着いていて柔らかな色合いの着物が多いようです。古い着物でも生地の質が良く有名な作家のものであれば、高額買取の対象になります。価値を下げないためにも保管の際の汚れ、カビ、虫食いなどには注意しましょう。

茶屋辻染(ちゃやつじぞめ)

茶屋辻染(ちゃやつじぞめ)

藍の濃淡で山水や花鳥、楼閣などの風景の図柄を染めたものを「茶屋辻」「茶屋染め模様」などと呼びます。江戸時代に生まれた染色方法で、大名以上の武家の女性たちの帷子に施された総模様が起源とされています。着物だけでなく帯にも用いられる人気の模様です。近年和服の需要が上がっていると言われていますが、買取相場の変化などもチェックした上で買取業者も信頼できるところを選びたいものです。

藍染(あいぞめ)

藍染(あいぞめ)

藍染めとは植物から採取した色素で染色した藍色の染め物です。生地を縛ってから染めると染めた部分だけ白く残り模様ができます。藍染めされた生地は防虫効果や紫外線を遮る効果があり、生地が丈夫になるので衣類が長持ちするなど様々な効果があります。手元に売りたい藍染の着物があるなら、事前に査定してもらうのも良いでしょう。着物の情報をなるべく細かに査定員に伝えるとより確実です。

型小紋という染め方

藍型小紋(あいがたこもん)

藍型小紋(あいがたこもん)

藍型小紋とは、藍1色、または濃淡を出しながら、模様をステンシルのように型染めした着物で、沖縄の藍型(えーがた)が特に有名です。タンスで眠っている藍型小紋を買い取ってもらう場合は、古着屋などではなく、着物買取業者に依頼することをおすすめします。
藍には見た目の美しさだけではなく、防虫や生地を丈夫にする効果がありますが、現在では天然の藍を利用して染めている着物は珍しくなっています。

紅型小紋(びんがたこもん)

紅型小紋(びんがたこもん)

「紅」は色の総称、「型」は模様という意味で、藍一色で染める藍型に対して多色使いのものを紅型といいます。お手元に使用されていない紅型小紋があれば、買取を検討されてはいかがでしょうか。
紅型小紋には、琉球本紅型、京紅型、江戸紅型とありますが、その違いは染料と染め方にあります。南国の暑い日差しの中でも色がさめにくい顔料を使用した本紅型や、友禅染の染料を使用した京紅型、また、江戸の型染め技法で染めたのが江戸紅型と、カジュアルな小紋にも奥深い世界があります。

江戸小紋(えどこもん)

江戸小紋(えどこもん)

江戸小紋とは、江戸時代に発展した染色技術を用いた、非常に細やかな柄の着物です。お売りになりたい江戸小紋をお持ちの場合、その価値や相場について着物買取業者に査定依頼することができます。
江戸小紋には大名の用いた「定め小紋」と、江戸の庶民が用いた遊び心にあふれる「いわれ小紋」があり、「定め小紋」については紋付にすることで準礼装として着ることもできます。柄が非常に細かいため、遠目からは色無地の着物のように見えます。

更紗小紋(さらさこもん)

更紗小紋(さらさこもん)

型染めという染めの技法を使用し、全体に細かい模様が特徴ですが、とくにインド更紗に影響された柄の物を更紗小紋と呼びます。
もしも買取をお考えの場合は、専門の着物買取業者にご相談ください。
更紗小紋は、気軽に街着として、また、格式張らない着物として楽しめるカジュアルな着物です。楽しいデザインがおしゃれ着として昔から人気があり、織りの着物とはまた一味違ったやわらかな風合いも魅力です。また、無地系の帯との組み合わせもおすすめです。

友禅小紋(ゆうぜんこもん)

友禅小紋(ゆうぜんこもん)

禅を用いた小紋は、他の多くの型染めとは違い、多彩な色が用いられているため、見た目にも華やかさがあります。型友禅を用いた小紋でも、中には非常に価値の高い物もありますので、お売りになる際には、ぜひ、着物買取専門店にお持ち込みください。
型友禅は、手描き友禅を簡略化した染め物のように思われますが、美しい反物を制作するには、熟練の技を必要とします。熟練した職人さんが制作した型友禅の場合、一見、手描き友禅と見分けがつかないほどです。

着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ