着物好きによる、着物の種類や普段使いを知りたい人のためのサイト

着物好きによる、着物を知りたい人のための情報サイト - 着物を知って美しく生きる
HOME > 付下げ > 付下げの選び方

付下げの選び方

付下げの選び方

付下げの選び方

付下げは訪問着より略式で、小紋よりよそ行きとして位置づけられています。付下げの買取を検討されている方は、流行のデザイン物や使いみちの多いシンプルな物も高額になる傾向にありますので、一度査定をしてみることをおすすめします。
付下げは友人の結婚披露宴やパーティー、クラス会や、茶会、他家への訪問、観劇など、正式な場や少しあらたまったお出かけの時に着用します。そのため、華やかな柄やおとなしい柄まで多種多様です。
付下げ訪問着は、柄が縫い目にかからないようになっているため、訪問着と比べると小ぶりな模様になっています。しかし、小紋よりは柄が大きくはっきりしたものが多く、結婚式など華やかな場所がおすすめです。
一方、付下げ小紋は同じ柄の繰り返しで、柄がすべて上を向いていることが特徴です。
控えめでありながらおしゃれな印象を与えるため、茶会や観劇などのお出かけに向いています。またその中間として飛び柄の付下げがあります。これは柄が不規則でありながら大人しいのものが多く、原則として仕立てのときに柄が縫い目をまたぐことがないことも特徴です。華やかな装いではなく「少し改まった場所」への着用におすすめです。

 
関連ブログ
着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ