着物好きによる、着物の種類や普段使いを知りたい人のためのサイト

着物好きによる、着物を知りたい人のための情報サイト - 着物を知って美しく生きる
HOME > 染め方を知る > 絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様(えばもよう)

絵羽模様とは、着物の模様つけのひとつです。格が高いもの、とりわけ訪問着や留袖、振り袖に使われます。
絵羽模様の着物を売る際は、素材や保管状態に気をつけることが大切です。保存状態がよいものは高額買取になる可能性もありますので、着物の買取専門店で査定してもらいましょう。
通常の着物の模様付けは反物の状態で行いますが、絵羽模様の場合、模様付けする前に模様が縫い目で切れないように白生地を裁断、着物の形に仮縫いをします。
この仮縫いのことを仮絵羽、絵羽縫い、羽縫いなどといいます。そこに染加工・刺繍・印金など全ての加工をして再び仮縫いをして絵羽模様ができあがります。
模様が着物全体にあるのでとても豪華で華やかな印象を与えます。

着物を買取業者に売ってみたら・・・ 大人女子必見着物知識のアラカルト
ページTOPへ